東京・大阪で(日本全国対応)採用調査・企業調査・反社会関与調査に特化した調査会社

中央情報センターからの最新情報

人事採用調査

既に採用した従業員のバックグラウンドチェック(人事調査)も行っております

本来、バックグラウンドチェックは、採用前に調査し、 不適当な人材を水際で止めるという事を目的としています。 しかし、紹介等で調査をする事なく採用してしまい、 その後に、経歴(履歴)や職能、素行に疑問を感じる事も少なくない …

コンピテンシー面接前の採用調査が有用です

採用調査(バックグラウンドチェック)は、企業の採用経費の面から 最終面接後に利用いただいているケースが大半です。 しかし、コンピテンシー(行動特性)面接を意識されている企業様は 面接前に調査をご依頼いただき、その調査結果 …

採用調査(バックグラウンドチェック)には破産情報も含んでいます

中央情報センターが調査会社として創業した頃は、応募者の借金のチェック等も行っておりました。 しかし、時代の流れで個人情報保護等により、借材調査は不可能となっています。 ただ、責任ある職に就ける人や金銭を扱わせる人を採用す …

リファラル採用(社員紹介採用)こそ調査は必要です

最近、日本でもリファラル採用(社員紹介採用)を取り入れる企業が増えてきました。 企業にとって 「人材募集広告費用の節減」 「即戦力となる人材を得られる」 「採用課程(面接等)の省略が可能」 等のメリットがあるからです。 …

高いエンプロイアビリティの人材を採用する調査

厚生労働省が採用人材の基本として示すエンプロイアビリティ 1. 知識、技能 2. 思考特性や行動特性によるもの(協調性、積極性等) 3. 個人的属性によるもの(動機、人柄、価値観、信念等) について、どの企業も、求めるレ …

人手不足、人材の売り手市場の時こそ、採用調査(バックグラウンドチェック)は重要です

飲食業界や流通業界では、慢性的な人手不足が続いています。 ついつい、「来る者は拒まず」的に採用をしてしまう企業もある様です。 先日も弊社のクライアント担当者が 「感じ良い人だったし、急いでいたんでついつい採用調査をせずに …

学歴ならぬ経歴ロンダリングを採用調査で見抜けます

最近、学歴ロンダリングといった言葉を耳にする様になりました。 学歴ロンダリングは、大学院進学の際に自身の出身大学より更に上のレベルの大学院に進学する事を指した インターネットスラングの様です。 大学から大学院だけではなく …

人事採用調査は違法ではありません

かなりベテランの社労士さんから 「人事調査はやってもいいの?違法じゃないの?」 と聞かれる事があります。 もちろん、合法です。 応募者が提出した履歴書に従い、 経歴、退職理由等の申告に虚偽がないか詐称がないかを確認するの …

調査目的に応じ、料金や期間についても精一杯、対応いたします

こんな事はできるのか。 予算はこれだけしかないのだが。 非常に急いでいるのだが。 可能な限り、ご要望に応じるよう尽力いたします。 まずはご相談ください。 中央情報センターは、クライアント様のご希望に細やかに対応できる調査 …

夏期繁忙期の臨時従業員の採用にも調査は必要です

間もなく世間はお盆休みです。 その期間に最も多忙となるサービス業では、臨時従業員を雇う事が多いでしょう。 ほんの1週間や10日の間に働く人の為に、調査費用をかけるのを躊躇される気持ちは理解ができます。 ただ、人材難の昨今 …

1 2 3 8 »

サイト内検索

PAGETOP