東京・大阪で(日本全国対応)採用調査・企業調査・反社会関与調査に特化した調査会社

Web上の風評被害対策

  • HOME »
  • Web上の風評被害対策

Web上の風評被害対策に関する調査

Web上の書き込み被害について、企業や特定の個人を対象とした「ネガティブワード」が後を絶たない状況となっております。
これらは、企業にとって負の広告となっており、一方で前向きな広告宣伝費を使っても、第三者により企業価値を下げられてしまうといった芳しくない状況を生み出しています。

企業側の主なネガティブ事例として大きく3点あります。
1. Yahoo! JAPAN検索によるネガティブな関連ワード(虫めがね)
2. 2ちゃんねる(及びミラーサイト)での誹謗中傷
3. 転職会議、個人ブログ等における誹謗中傷レベルの掲載
こういったWeb風評を放置することで大きな影響を及ぼすのは人材雇用、企業間の取引です。
インターネット普及に伴い、誰もがWeb上で企業を検索する事が容易になり、Web風評を鵜呑みにしてしまう事も少なくありません。

結果
1. 健全な人材(応募者)が企業を敬遠
2. 取引先からの信頼性低下
3. 社内の機密情報漏れ
といった事が生じてまいります。

貴社のWeb風評におけるリスク対策について、まずはご相談をください。
いたちごっことなる書き込み等について、当社で監視し常時メンテナンスを行います。

PAGETOP