東京・大阪を拠点に日本全国対応で人材採用調査(バックグラウンドチェック)・企業信用調査・反社会関与調査等を実施する調査会社の株式会社中央情報センター

中央情報センターからの最新情報

反社会的組織関与調査

お盆前の取り込み詐欺に注意~信用調査~

年中見られる取り込み詐欺被害ですが、中でも年末とお盆前に急増します。 卸会社(生産者)側は、盆休み前に可能な限りの数を捌きたいと考える、そこを狙っての詐欺です 以前は、一度目は比較的少額分を買いきっちりと支払い、二度目に …

半グレにも反社会にも有能な人は居ます

「うちの幹部になって欲しい程、有能な良い人だと思ったんですが・・・」 は、半グレから詐欺被害に遭った中堅企業の経営者の言葉です。 企業を攻撃するハッカーが、通常のIT関係の職に就いている人より優秀な人が多い様に(もちろん …

少額から投資できると謳う不動産投資詐欺調査

元々は個人向けの投資として人気がありましたが、最近は法人向けにも売られている「小額からできる不動産投資」に関しての詐欺疑いの調査依頼が増えてきました。 自社で不動産を所有しなくとも、少ない投資金額で不動産を他社と共有し、 …

クラウドサービスを名乗る情報抜き取りに注意

DXを進める中で、情報の安全な管理の一つの選択肢としてクラウドサービスを利用し始めている企業が増えています。 一方、クラウドサービスと名乗りながら、単に自社サーバーにクライアントの情報を保管し、管理レベルは通常企業よりも …

大幸薬品に見る一般人の思い込み

先日、クレベリンの件で苦境にたっている大幸薬品の早期退職者募集についてのニュースが流れました。 「従業員の1割に値する30人のリストラ」と聞いて耳を疑った人も多かったのではないでしょうか。 東証プライム上場企業の授業員数 …

信用調査に見る倒産予備企業の増加

コロナ禍の影響を受けた事業者向けの数々の助成金や給付金の制度が終わりを見せ、続々と倒産企業が増えてまいりました。 メディアなどで目にする倒産企業は、一定規模以上の負債額の企業のみであり、少ない負債額や清算しての実質倒産な …

民営化企業の衰退~企業信用調査~

先日、JR西日本の社長が「赤字路線の収支について非常に逼迫した状態。一企業の力だけでは赤字路線の維持は困難だ」といった旨を発表しました。 元々は国鉄という国営企業だったJRが、今も国営時代と変わらず、国民のインフラの確保 …

企業信用調査で見る金融リスケジュール

長引くコロナ禍の影響により、金融借入のリスケジュールを行っている企業はまだまだ増加中です。 コロナウイルス流行という不慮の事態であり、金融機関側も通常時よりリスケに協力的です。 ただ、コロナ以前より業績の悪かった企業が、 …

企業信用調査で新しい取引先選択基準を知る

一昔前までは、相見積もりの際など、どこよりも早く見積りを出す事が誠意であり選ばれる基準の一つでもありました。 ですが、時代が変われば選択基準も変わります。 先般の企業信用調査の中で、ある上場企業から 「夕方遅くに相見積も …

サイバーセュリティ月間~信用調査会社~

2月1日~3月18日はサイバーセキュリティ月間です。 サイバーセキュリティへの関心を高め、理解を深めるための期間です。 取引先の信用調査などでリスクヘッジをしっかり図っていても、他方でサイバー攻撃などにより情報が漏れる事 …

1 2 3 17 »

サイト内検索

PAGETOP